リンガル矯正 | 大阪の阿倍野区西田辺にある歯科医院 いえさき歯科

電話 06-6624-4500 電話 06-6624-4500

リンガル矯正

LINEで送る
Pocket

リンガル矯正(裏側矯正)とは

リンガル矯正(裏側矯正)とは、歯の表面にブラケットを付けるのではなく、歯の裏側にブラケットをつけて行う矯正治療のことです。

裏側にブラケットをつけて行う治療の為、表からは見え なく、周囲の人に矯正をしている事が気付かれません。


歯並びを治したいけれど、矯正装置(ブラケット)が見えるのが嫌、恥ずかしい・・・等と矯正歯科治療に踏み出せなかった方にも安心して始めていただける矯正治療です。

リンガル矯正の特徴

特徴1 周囲に知られず、矯正治療ができます。

裏側にブラケットをつけて行う治療の為、表からは見え なく、周囲の人に矯正をしている事が気付かれません

特徴2 虫歯になりにくい

ブラケットが歯の内側にある為、常に唾液で湿った状態になります。
唾液は虫歯をつくる歯垢が歯の表面にできるのを防ぐため、通常のブラケットよりも比較的虫歯になりにくくなります。

特徴3 歯が後ろに下がりやすい

矯正治療では、歯を抜き、そのスペース分前歯を後ろに移動させる方法を取ることがあります。表側の矯正では固定している奥歯が引っ張られて前に移動してしまうケースがあります。
リンガル矯正(裏側矯正)は、ブラケットが固定している奥歯を動きにくくし、また、前歯を後ろに移動させることができる為、前歯が引っ込みやすくなります。

特徴4 リンガル矯正は症例の制限を受けません。

リンガル矯正は、開咬・出っ歯、八重歯、反対、咬合、すきっ歯等、すべての症例に対応が可能です。

<例>
・マウスピース矯正の場合・・・取り外し可ですが、症例によっては対応ができない。お時間がかかります。
・表側矯正の場合・・・ブラケットの厚みの分、唇が盛り上がる。ブラケットを表面につけるため、周囲をきにしてしまう

リンガル矯正Q&A

リンガル矯正(裏側矯正)は表側矯正より治療期間が長くなるのですか?

いいえ、そのようなことはございません。

リンガル矯正では歯の裏側の構造が複雑・確認しにくいケースなどがありますが、熟練した歯科医であれば、表側矯正と同じ治療期間で矯正治療することができます。

裏側に矯正装置を付けると発音がしにくくなるるのですか?

発音する際、唇や舌が動きます。

歯の表側・裏側ともに、矯正装置を付けることにより、一時的にそれらの動かし方が不自然となり発音しにくくなるケースがありますが、最近は「違和感の少ない発音のしやすい」矯正装置が開発されていますので、こちらを利用し治療すれば心配ありません。

また、個人差によりますが平均すると3~4週間前後でかなり順応していきますので、ご安心ください。

裏側に装置を付けることにより、食事、歯磨きがしにくくなりますか?

初めて矯正装置をつけられた場合、個人差がありますが、今までと口の中の環境が変わる為、順応するまで食べにくかったり、歯磨きがしづらいこともあります。
リンガル矯正の場合、従来のブラケットでは形態が複雑の為、食べ物が引っかかりやすかったり、歯ブラシが行いにくいことから磨き残しが多く歯ぐきが腫れやすかったりしました。

しかし最近はブラケット(矯正装置)が改良され、シンプルで小さいブラケット(矯正装置)が開発されているため、このような心配も削減され、矯正治療中も快適に過ごすことができるようになってきています。

歯科矯正は年齢制限(幼児除く)がないとのことですが、リスクはないのでしょうか。

矯正治療には年齢制限はありません。
アメリカでは70歳で矯正治療を受けた人がいるという事例があり、当院でも60歳代で歯科治療した方がかなりおられます。
しかし、40、50歳になると、骨代謝が悪くなり、歯が動きにくくなったり、歯ぐきも弱ってくるので歯科矯正しにくくなることはあります。

リンガル治療の実績はこちら

LINEで送る
Pocket